Feature 04

土地

有利な条件で土地を売却できるよう指導

資産として管理している地所を売却する際は、敷地内の建物の撤去や隣家との境界線の明確化など、建物だけを売却するケースとは異なる留意点がいくつかあります。また、相続した土地を売却する際は、事前に相続登記を済ませておかなくてはいけません。物件売却のプロとして、そうした地所の売却を進めていく上で知っておくべき基本情報を、目黒区の皆様に逐次アドバイスしながら、理想の条件で無事に売却できるよう支援いたします。

有用な売却方法を丁寧にアドバイス

地所の売却を目黒区で検討する際に敷地内の建物が、例えば築20年以上の古い建物の場合は、建物を撤去して更地に整備して売却するべきか建物付き売却するべきかを、現状をよく精査した上で手堅くご指導いたします。土地の売却に着手する際は、古い建物が敷地内に残っていることが少なくありません。古い建物は大抵のケースで「資産価値なし」と評価されるため、地所だけの資産価値で売却活動が進められることが多いのが現状です。欧米の不動産事情と比べると、国内の建物物件は早めに資産価値が下がる傾向があります。

地所の課税条件についても詳しく解説

建物を解体せずに建物付きの地所として売却手続きを行えば撤去のコスト負担はありませんが、そうした場合は、買手からその撤去のコスト分の値引きを要求される場合もあります。また、敷地内に建物が建っている土地に関しては課税が大幅にカットされますが、課税は毎年元旦の時の状態が基準になるので、年越し前に建物を撤去するとその地所に課せられる税金が大幅に加算されることになります。目黒区の皆様にはこうした大事なポイントを丁寧にお伝えしてまいります。尚、建物の撤去コストの目安は木造戸建てで100万円前後になります。
Access

アクセス

目黒区不動産売却相談窓口

住所

153-0061

東京都目黒区中目黒4-12-1

電話番号

03-4400-9515

03-4400-9515

営業時間

10:00~18:00

定休日

不定休

アクセス

事務所のある地元近隣エリアだけでなく、文京区エリアもサービスの基本地域として営業を続けています。地域に根ざしたきめ細かな売却サポートが地域の皆様の間で好評です。

お客様の利益を最優先に考えた土地売却

頼れる不動産パートナーとして、お客様に最も利益を還元できるよう、最適なソリューションを模索してまいります。建物を撤去して更地に整地して売却する手法と、建物付きで土地を売却する手法を比べるとそれぞれに長所・短所があるので、目黒区の皆様より売却案件をご用命いただいた際は、事前打ち合わせにて物件の現状を入念にヒアリングした上で、お客様にとって理想的な売却プランを考案して、ご提案いたします。
Related posts

関連ページ